めまい患者さんの症例を紹介します


こんにちは。

めまい治療なら「カイロプラクティックARTSs」
院長の亀山です。

今回は、当院に通院中のめまい患者さんの症例を
ご紹介しようと思います。


__________________________

5年程前からめまいがあり、常に「めまいが起こるのでは・・・」
という不安感を抱えている60代の女性の方が来院されました。

仕事中でも家でも外出時でも、日常的かつ慢性的なめまいに
悩まされていました。

デパスを飲み安心感を得ることで自身をごまかしてきたそうで、
やめたい、でも手放せない状態に。


治療は、脳からの命令が正しく全身に伝わるように調整したあと、
「めまいが起こる状況」「めまいに対する不安」といった
体に誤作動を起こさせている感情や感覚を1つずつ取り除いていきました。

とても忙しく責任の重い仕事をされている方で、集中的な治療が
できなかったものの、2~3ヶ月で“頻度が減る
薬を飲み忘れるほど症状が出ない”など本人も自覚するほどの改善が見られました。

現在では全くと言っていいくらいにめまいは起こっておらず、
体全体のメンテナンスや再発予防、更に元気になるための
エクササイズを楽しみながら行っています。



当院は心理的な面から起こるめまいに対しても治療を行っています。

病院の検査では異常がなくても、ご本人にとってはとても辛いもの。

もしあなたがめまいでお困りなら、一度当院にご相談ください。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

東京都町田市のめまい治療なら「カイロプラクティックARTSs」

東京都町田市原町田2-3-7リヴィエールマンションⅢ201
TEL:042-850-99126
HP:http://www.artss.jp/

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _






この記事へのコメント